アドバイス


スペインの学生ビザ

ヨーロッパ連合加盟国の学生は、スペインでの語学研修コースに参加するにあたり、ビザを取得する必要はありません。

次の国の国籍を持つ方が90日(12週間)未満のコースに参加する場合も、ビザの取得は必要ありません。 アンドーラ、オーストラリア、ブラジル、ブルネイ、カナダ、キプロス、韓国、クロアチア、スロバキア、スロベニア、米国、エストニア、ハンガリー、イスラエル、日本、リトアニア、マレーシア、マルタ、メキシコ、モナコ、ニュージーランド、ポーランド、チェコ共和国、サンマリノ、シンガポール、スイス。

前述の国のパスポートを所有していない場合、および(あるいは)スペインで参加する研修コースの期間が90日を超える場合(RUTA Ñで主催するコースでこの期間を超えるものはありません)は、下記のアドバイスを 注意深く読んでください。

  1. あなたの国のスペイン大使館あるいは総領事館で、できれば渡航予定日の120日前までに(最低でも60日前までに必ず)、学生ビザ取得に必要な要件を確認してください。
  2. RUTA Ñ に申し込みを行い、その際にあなたの国籍およびビザ取得のために入学証明書が必要な場合はその旨を連絡してください(それ以外にスペイン大使館が要求する条件があれば、合わせてご連絡ください)。あなたの国のスペイン大使館は、ビザ発給を判断するにあたり、あなたが申し込んだコース料金の全額(宿泊代も含めて)が実際に支払い済みかどうかを確認するためにRUTA Ñに問い合わせを行なう場合があります。
  3. お支払い後、速やかにRUTA Ñ からあなた宛に入学証明書を書留郵便にてお送りします(同時にコピーを電子メールにてお送りします)。

戻る

入学証明書 – 招聘状

これは、あなたの国のスペイン大使館あるいは総領事館がスペインの学生ビザを発給するにあたり、必要不可欠な書類です。 この書類はあなたがスペインにおいて何らかの研修コースに参加申し込みをしていることを証明するものであり、あなたの姓名、コースと宿泊施設の詳細、コースの日付およびコースと宿泊にかかる費用全額が既に支払われている旨が記載されている必要があります。 また、RUTA Ñ責任者の署名とセンターの公式印が記されていることも不可欠です。

戻る

スペイン学生ビザ申請用紙

学生ビザを申請するための用紙に必要事項を全て記入します。 RUTA Ñが発行した入学証明書を含めた全ての必要書類を添付します。国によっては、ファックスで送付されたコピーでの申請手続きを受け付けるスペイン大使館もあります。

あなたのビザ取得に必要なお手伝いをRUTA Ñは喜んでさせて頂きますが、それらはあなたの国のスペイン大使館が定めた枠内で可能なものに限られることを予めご承知おきください。 ビザ発給に関する判断は全て現地のスペイン大使館の権限に委ねられており、ビザ発給可否の最終決断もそこで下されます。

RUTA Ñのコース代金をお支払い頂いた後にビザ発給が拒否された場合は、お支払い頂いた金額から取り扱い手数料を差し引いた額を返金させて頂きます。 取り扱い手数料は 200ユーロです。 なお、ビザが無事に発給されRUTA Ñのコースに参加頂いた場合は、この手数料は発生しません。

戻る

スペイン学生ビザ取得に必要な要件

  • 有効期間が最低120日以上残っているパスポート。
  • ビザ申請用紙に必要事項を全て記入したもの。
  • 入学許可証。
  • 財源証明 (スペインで滞在するのに十分な経済力を持っていることを証明する書類)。
  • 旅行保険の証書。 RUTA Ñのコース料金には、コース期間をカバーする旅行保険が含まれています。 この情報は、入学許可証(招聘状)に記載されます。
  • スペイン滞在中に宿泊する施設の詳細情報(RUTA Ñが提供)。
  • コース代金(宿泊代を含む)全額が支払われていることをRUTA Ñが証明する書類。

スペインの学生ビザ発給に関する法令や規則は頻繁に変わっています。 RUTA Ñでは常に最新情報の入手に努めていますが、提供する情報が全て完璧で正しいものであると保証することはできません。 あなたのビザが発給されることを私どもで保証することはできませんので、必要書類の準備が間に合うように、できるだけ早くあなたの国のスペイン大使館あるいは総領事館に問い合わせて、手続き方法と必要書類を確認されることを強くお薦めします。

戻る

スペインの学生ビザに関するよくある質問 

学生の定義とは?

スペインの公立および私立の学校や研究機関において教育を受ける、あるいは研究、研修、実習、その他の非営利活動を行なうことを唯一の目的としてスペインに滞在する外国人。

どのような人がスペインの学生ビザを必要としますか?

スペインにおいて勉学や研究を続けることを望む外国人学生は、スペイン入国前に、自国のスペイン大使館や外務省出先機関にて必要なビザの発給を受ける必要があります。 自国での学歴証明の提出も求められます。

スペイン滞在期間が90日未満の場合にビザが不要な国の学生は、滞在が90日を越えない場合はビザの取得をする必要はありません。

ビザの有効期間は?

有効期間はRUTA Ñのスペイン語コース期間の最後まで保証されます。

ビザは更新できますか?

はい、スペインの学生ビザは更新できます。

ビザの有効期間はいつ切れますか?

- ビザ発給の対象となった活動が終了した時点で失効します。

- 予め提示された有効期間が過ぎた時点で失効します。

外国人学生の家族がスペインに来ることはできますか?

スペインの学生ビザを取得した学生は、スペインにおける勉学あるいは研究活動が続く期間内にその家族がスペインに入国し滞在するためのビザを申請することができます。

戻る

旅の荷造り

申し込まれたコースの長さによって旅の荷造りも違ってきます。

次の点を参考にしてください:

  • コースが開催される時期は春または夏なので、コート類は最低限で十分です。
  • トレッキングコースをたどる日、荷物は車で運搬されるので、参加者は身軽な状態で歩けます。
  • ホテル宿泊の場合を除いて、滞在先ファミリーが洗濯機一回分の洗濯を引き受けます(アイロンの貸し出しも可能)。
  • レインコート、帽子、山道を歩きやすい靴、日焼け止めクリーム、水着などは必需品、忘れずに荷物に入れましょう。

コースが開催される時期のシウダ・レアル県の月別平均気温を記載しますので、荷造りの参考にしてください。 (出典:国立統計局データ):

4月 5月 6月 7月 8月 9月
15.3 ºC 17.5 ºC 22.5 ºC 28.6 ºC 27.4 ºC 21.7 ºC

トレッキングルートを歩く際の注意事項

データ:

  • トレッキングルートの行程は平均 20キロメートル。
  • 参加者が歩く全行程を救護用の車が伴走します。 この車には、水と救急箱などが準備されます。
  • 昼食時にはルート途上の特定地点にてお弁当(ケータリング)が支給されます。

戻る

アドバイス:

トレッキング参加にあたり、基本的には特別な体力的条件を満たす必要はありません。

最も重要なのは、履物。

トレッキングで最も重要なのは、履物選びです。 基本的には、履きやすく楽に歩ける靴ならなんでも構いませんが、足に馴染んでいる、つまり新品でないことが条件です。 初めて履く靴での参加は絶対に避けてください。

また、トレッキングでたどるルートでは様々なタイプの地面を歩くことになるので、それらに見合った履物を選ぶ必要があります。

トレッキング用には様々な靴が売られていますが、足首をしっかり固定できるものを選ぶべきでしょう。 いずれにしても、トレッキング用シューズを購入する場合は、専門家のアドバイスを聞いて買うことをお勧めします。

リュックサックも必需品のひとつですが、一日あるいはそれ以下の行程では、特別なものを用意する必要はありません。 中身は、おやつ(くだものがベスト)、帽子、救急セット、季節によってはコート、サングラス、防水コートなど。 そして、絶対に忘れてはならないのが、水。 途中で湧き水があれば、もちろん飲用に適してるかどうか要注意ですが、水筒を満たして行きましょう。次にどこで水を汲める機会があるかわかりません。

基本事項

初めてのトレッキングが楽しいものとなり、またやってみたいという気持ちをおこさせる、いくつかの重要な要素があります。

少なくともルートを事前にある程度知っておくこと、そして装備を万全にして出かけることが重要です。 また、自分の体力に合わせて行程やペースを調整することも大事です。

トレッキングでは、全力を出し切って体力を消耗したりせず、リラックスして歩くことが重要です。ですから歩き始めに体力のなさを感じたり、足が思うように動かなかったり、坂道が永遠に続くような気がしても、決して落ち込む必要はありません。

進むにつれて少しずつ体が慣れてきます。 もちろん、準備運動を忘れてはいけません。 歩き始める前と歩き終わった後にストレッチングをして筋肉をほぐしましょう。

楽しく歩くためのアドバイス

  • 楽な靴を履くこと。ゆる過ぎず、きつ過ぎず、そして履き慣れたもの。
  • 休憩する時は上に衣類をはおって、寒くならないように注意しましょう。
  • 歩行中に十分な水分補給を心がけましょう。但し、汗をかいている時は飲まずに口をゆすぐ程度にします。
  • 一定のペースを保って歩きましょう。ペースを変えると疲れやすくなります。
  • 覚えておきましょう、 上りは心臓に、下りは足に負担がかかることを。
  • 急な坂道を登る時、最も負担がかかるのは心臓であり、急な坂を下る時に最も負荷がかかるのは膝と足の指先です。
  • 道路を歩く時は、車に十分注意しながら、左端を一列で縦列歩行します。
  • 歩く時は炭酸飲料を避け、できるだけスポーツドリンクを飲むようにしましょう。

自然に優しいトレッキング

  • ゴミを捨てたり地中に埋めたりしないこと。 ゴミは所定の回収場所に置きましょう。
  • 火気に注意。 焚き火をしないこと。
  • 湧水、河川など、水のある場所を汚さないように注意しましょう。 石鹸、洗剤、その他、水を汚染するものを投棄したり、ゴミなどを捨てたりしないこと。
  • 草花を抜いたり樹木の枝を折ったりしないこと。動物たちをいじめないこと。
  • 耕作地を通る時は、脇の小道を通り、決して畑を踏まないこと。 耕作地や牧場などにある門や柵、木戸などを開けて通る時は、通過後にそれらをきちんと閉め、家畜や他の動物などが通り抜けないようにすること。

戻る